33歳 自慰行為をする回数が減った時、性欲の衰えを実感

性欲が減退したときに、精力の衰えを感じます。

 

セックスしたいという気持ちもそうですし、自慰行為をする回数が減ったときです。

 

昔は毎日のように自慰行為をしていました。 
最近は疲れていると、しないまま寝ることが多いです。

 

週に2日ほどのときもあります。

 

朝勃ちをすることも減りましたが、これも精力の衰えですかね。

 

昔は朝勃ちを抑えて、トイレに行くのが大変だったぐらいでした。

 

今はそういうことも、かなり減りました。

 

そして、一番精力が衰えたと感じる瞬間があります。

 

それは精子の量が少ないなと思ったときです。

 

射精をしたときにティッシュで受け止めますが、たまに溢れることもありました。

 

それを考えると、最近は精子の量が減りました。

 

精力が衰えたなと感じます。

 

精神的な面もありますが、肉体的な衰えにより精力も衰えた感じがします。

今までは精力剤を使ったことがありませんでした。

使わなくても不自由しなかったからです。

 

しかし、今後は精力がどんどん落ちていくと思います。

 

セックスの場面でも中折れしたり、自分も相手も満足させることができないかもしれません。

 

そうなったら、人生を楽しめないかもしれない。
男にとっては重要な問題です。

 

そのため、精力剤を試してみようかなと思う気持ちがあります。

 

あまり薬などに頼りたくなかったのですが、効果があるのであれば使用したいです。

 

その場合は、安全で効果があるっていうのが条件ですね。

 

実際に口コミを見ていると、精力剤に肯定的な意見をよく見かけます。

 

最近は、精力剤に対して偏見はありません。

 

良い精力剤があれば、積極的に利用したいです。

 

価格も手頃だと嬉しいですね。